読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SMAP FOREVER LOVE LOG

SMAPをずっと見てきたSMAPファン(中居正広イチ推しで5人とも大好き)による愛と真実を綴るブログ。SEOなどWEB関連の勉強ごとの情報も絡めて。

SMAP解散の本当の理由や真相とやらにSEO対策で切り込んでみる【リンク対策編】

さて、前の記事の続きです。
では、実際にどのようなことをすると、SEO上効果的なのでしょうか?
SEO対策で大切なことは、大きく2点あります。
それは、「リンクの質と数」と「コンテンツの内容」です。今回の記事は「リンク」について言及したいと思います。

googleは元々「優れたサイトは外部からのリンクをたくさん獲得している」という考えを軸に作られた検索エンジンです。
「リンクがたくさん集まっているサイト」=「質の高いサイト」→「検索で上位に出せば、みんなが知りたい情報に合致してハッピー」という考え方です。今もその考えの根底は変わっていないと思います。ただし、リンクの数を単純に集めれば検索順位が上がる時代はとっくに終わっていて、今は質の高い自然リンクを集める、ということが重要になっています。
これがいわゆる被リンク(外部リンク)です。

またリンクには、内部のページを回遊するために張られるリンクもあり、それを内部リンクと言います。これも、内部のページを検索エンジンにたくさん拾ってもらう為に重要です。内部のページをたくさん拾ってもらえると、コンテンツが充実しているということで、検索エンジンの評価が高くなる傾向があるからです。

被リンク(外部リンク)

まず、質の高いリンクとは何でしょうか?
それは、googleからの評価が高いページからのリンクです。評価の高いページからのリンクをもらうと、受けたほうもその評価を受け継ぐことができるのです。
昔はその評価をページランク、という形で見ることができたのですが、今は公表されていないので見ることができません。ただ、競合の多そうな人気ワードで検索上位に来るページ(例えば、「SMAP ブログ」で上位にくるブログ)は評価が高いと推測されますし、長く運営していたり、コンテンツの数が充実していたりするページも、googleが好むページですので、評価は高いと思います。

例えば、そういった評価の高いブログやサイトから、良いまとめや記事にリンクが張られると、リンクを受けた記事も検索評価が上がるはずです。そしてそのリンクの数が増えれば、更に評価が上がるのです。
なので、良いブログなどを運営されている方は、紹介したい内容のページにぜひリンクをはっていただければと思います。(直近で言うと、
SMAP|Best Album「SMAP 25 YEARS」スペシャルサイト
なんかもぜひ張ってほしいし、
SMAP|Victor Entertainment
なんかも張ってほしい…。SMAPというビッグワードで最上位に出て来てほしいのに危ういです)

ただし、ここで注意しなければいけないのは、やたらめったら一つの記事からリンクを張るのは危険、ということです。
リンクだけやたらめったら張るだけの記事なんかを書いてしまうと、怪しげな記事と判定されて、逆にgoogleの評価が落とされる危険性があります。また、一つのページのページ評価は、それぞれのリンクに分散してしまうので、たくさん張ると、その分一つ一つの力が小さくなってしまう恐れがあります。
その辺りの塩梅は、正直私にもはっきりとは分かりませんが、普通にコンテンツとして紹介するレベルであれば問題ないかと思います。

要は、自動生成された内容のない質の低いページと同等に判断されなければ良いかと思います。
記事の内容に合致したリンクを、自然な文章の流れで入れるのがポイントです。
昔は、アンカーリンクにキーワードを入れることが流行ったこともありますが、googleのヘルプを読むとペナルティの恐れもあるので、やらないほうがいいかもしれません。

ブログなどを運営していない人にやっていただきたい、公開のはてなブックマークSNSのシェアでの外部リンクについても書きたいのですが、それは別記事にしようと思います。

内部リンク

これはブログやサイトを運営されている方向けの、自サイト向けの対策です。
自分のサイトを、よりgoogleにしっかり伝えるために、自サイト内を全てたどっていけるようなリンクを張ったほうがいいと思います。
サイト構造の分かるパンくずリストは、つけることができるなら、効果的ですのでつけたほうがいいかと思います。(「HOME>大カテゴリ>小カテゴリ」みたいなアレです)
サイトマップもあればなお可です。

また、ブログはカテゴリー分けをして、そのリンクをサイドバーなどに常に出しておくのがいいと思います。カテゴリーの記事が集まったページ自体も、検索結果に出やすいコンテンツですので、出しておいて損はないです。